長崎港

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎港

上空から見ると、鶴が羽を広げたような形に見えることから「鶴の港」とも呼ばれています。静かで落ち着きのある港風景です。現在は市街化がすすみにつれてその面影も消えつつあります。
江戸時代の鎖国時代には諸外国との唯一の国際貿易港として栄え、明治以降は上海への航路の発地として貿易や旅客の行き来が盛んでした。 離島の多い長崎県の交通の要衝であり、港中心部は新県庁予定地になっています。
長崎市街の夜景の美しさは格別で、世界新三大夜景に選ばれるほどです。ロマンチックな昼間の長崎港も出会い婚活のスポットにいかがでしょうか。